おすすめ情報 一覧 ▶

堤剛&仲道郁代スペシャルコンサート 関連事業 ミュージアムコンサート
堤剛&仲道郁代スペシャルコンサート 関連事業 ミュージアムコンサート
2019年12月14日(土) 〜2019年12月14日(土)
堤剛&仲道郁代スペシャルコンサートの関連事業として、
前日に富山県美術館でミュージアムコンサートを開催します。

【出演】 堤 剛(チェロ)、仲道郁代(ピアノ)

開 演:18時30分(開場:18時)
会 場:富山県美術館2階ホワイエ
入場料:無料
TAD アート・レクチャー「作品がうまれるとき」
TAD アート・レクチャー「作品がうまれるとき」
2019年12月15日(日)
複数のイメージが込められた作風、あるいは、独特な「色」についての
思いなど、加納光於氏から類似した点も見受けられる山口氏の作風。
今回は、版画のみならず、美術家の中でテーマや技法を選んでいく理由
あるいは作品が完成を向けるときの感覚など、作品が出来上がっていく
過程についてお話しいただく予定です。

講 師:山口啓介氏(美術家)
時 間:14時~
会 場:富山県美術館3館ホール
定 員:100名(当日先着順)
聴 講:無料

瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019 詩人と画家の 出会い 交流 創造
瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019 詩人と画家の 出会い 交流 創造
2019年11月1日(金) 〜2019年12月25日(水)
 瀧口修造(1903-1979)は、戦前から戦後にかけて美術評論の分野でも活躍した、富山県出身の詩人です。多くの美術家たちと親交を結んだ瀧口は、中でも加納光於(1933年生まれ)とは、30歳の年の差ながら四半世紀にわたる創造的な交流を持ったことが知られています。
 加納光於は、1950年代から独創的な版画作品により国内外で高く評価されてきた、戦後を代表する美術家の一人です。常に新しい挑戦を続けてきた加納は、80年代以降には色彩溢れる絵画作品に力を注ぎますが、瀧口亡き後も、その眼差しを意識し続けてきたと言います。
 本展では、初期から近年までの加納の代表的な作品を紹介するとともに、瀧口と加納の共同制作作品や、交流を示す資料を合わせて展示し、強く共鳴しあった二人の精神と創造に光を当てます。
ワークショップ「キラキラ光る富山城をつくろう!」
ワークショップ「キラキラ光る富山城をつくろう!」
2020年1月18日(土)
START☆みんなのミュージアム2020
「わたしの色、ぼくらのセカイ」展
初日限定イベントとして、招待アーティストの塩川岳さんと
いっしょに作品をつくるワークショップを開催します。
カラービニールやセロファン、アルミホイルなどの素材を使って、
ミラーボールや照明の効果でキラキラ光る富山城の天守閣を
みんなで想像しながらつくります。

※当日は動きやすく、汚れてもよい服装でご参加ください。

講師  塩川 岳(現代美術作家)
時間  14:00~16:00
会場  富山県美術館 展示室2
対象  小学生以上(定員20名、親子で参加できます)

※申込方法:12月10日(火)から電話にて先着順。
       ①お名前 ②年齢 ③ご連絡先(当日連絡可能な番号)
       ④保護者名(小学生の場合)⑥お住まい(市町村まで)
      をお伝えください。
      富山県美術館TEL 076-431-2711(9:30~18:00)
      【ただし、水曜日は休館になります】
山山山山アニメーション・ワークショップ
山山山山アニメーション・ワークショップ
2020年1月19日(日) 〜2020年1月25日(土)
国内外で活躍するアーティストを富山県美術館に招き、
滞在制作や作品展示を行う企画「アーティスト@TAD」。
第3回目となる今年は、パラパラ漫画(フリップ・ブック)
の原理で絵が動く装置「キノーラ」によるアニメーションを
中心に、写真、絵画を制作する蓮沼昌宏さんをお迎えし、
滞在制作期間中の1月19日(日)、25日(土)の2日間、
ワークショップを開催します。

3階ラボから一望できる立山連峰をモチーフに
アニメーションを作ります!

講 師 蓮沼昌宏氏(画家・記録写真家)
開催日 1月19日(日)、1月25日(土)
時 間 両日ともに、14:00~16:00
対 象 小学生以上(各回定員10名)

※申込方法:電話にて先着順。
       ①お名前 ②年齢 ③ご連絡先(当日連絡可能な番号)
       ④保護者名(小学生の場合)⑤参加希望日
       ⑥お住まい(市町村まで)をお伝えください。
      富山県美術館TEL 076-431-2711(9:30~18:00)
      【ただし、水曜日は休館になります】
START★みんなのミュージアム2020
START★みんなのミュージアム2020
2020年1月18日(土) 〜2020年2月24日(月)
学校(School)×富山(Toyama)×アート(Art)="START"。
富山県美術館では、子どもたちが「主役(STAR☆)」の展覧会が「スタート」します。今回は、現代美術作家の塩川岳さんに参加してもらい、「わたしの色、ぼくらのセカイ」をテーマに、富山県内の小・中・高・特別支援学校から集まった個性あふれる作品を展示します。学校と塩川さんとのコラボレーション作品など、8つの出品校の子どもたちが制作した作品は、展示室3および4を会場に紹介します。どうぞお楽しみに!

【出品校】
・富山市立宮野小学校×塩川岳さん
・富山大学人間発達科学部附属小学校
・魚津市立西部中学校
・小矢部市立津沢小学校
・黒部市立高志野中学校
・富山市堀川中学校
・富山県立富山西高等学校×塩川岳さん
・富山県立となみ東支援学校
TADワークショップ「へんしん!!ゆきやまかんちょう」
TADワークショップ「へんしん!!ゆきやまかんちょう」
2020年3月8日(日)
富山県美術館の雪山館長の写真に自由に手を加えて、自分だけの
理想の館長像をつくります。
製作体験のほか、子ども向けの美術館ツアーも併せて行います。

講師  井野 敬裕氏(モリムラ@ミュージアム エデュケーター・アーティスト)
時間  13:00~16:00
会場  富山県美術館3階アトリエ
対 象 小学生以上(定員20名)

※申込方法:電話にて先着順。
       ①お名前 ②年齢 ③ご連絡先(当日連絡可能な番号)
       ④保護者名(小学生の場合)⑥お住まい(市町村まで)
      をお伝えください。
      富山県美術館TEL 076-431-2711(9:30~18:00)
      【ただし、水曜日は休館になります】
▲ ページトップへ