おすすめ情報 一覧 ▶

日本の美 美術×デザイン[琳派、浮世絵版画から現代へ]
日本の美 美術×デザイン[琳派、浮世絵版画から現代へ]
2019年8月10日(土) 〜2019年10月20日(日)
日本美術の大きな特徴のひとつに装飾性があります。
琳派の流れは、自然の豊かさをモチーフとし、きらめく金銀の「かざりの美」と洗練されたデザイン性により、絵画・工芸のジャンルを超えて人々に愛されてきました。
また、江戸時代に人々を魅了した浮世絵版画は、古今東西の表現を柔軟に取り入れたものです。大胆な構図や色彩といったデザイン感覚に富む表現は、19世紀ヨーロッパで印象派の画家たちを魅了し、今なお高い人気を誇っています。
明治以降、「絵画」と「図案・デザイン」は区分されるようになりましたが、日本美術の装飾性は多様なジャンルに浸透し、現代でも多くのアーティストやデザイナーに受け継がれています。
本展では、日本の美術にみる装飾性・デザイン性に着目し、琳派、浮世絵版画から現代絵画、ポスターまで、その多様な美の様相を前期・後期に分けて紹介します。
びじゅチューン!✕TAD なりきり美術館
びじゅチューン!✕TAD なりきり美術館
2019年8月10日(土) 〜2019年10月20日(日)
富山県美術館(TAD)に、NHK Eテレ『びじゅチューン!』の世界がやってきます。
特設の装置によって作品の世界に入り込んだような体験や、浮世絵の制作手順を知ることで、作品の背後にある物語や風景、そこに描かれた人々の暮らしを体感できる機会となります。
同時期開催の企画展「日本の美 美術✕デザイン-琳派、浮世絵版画から現代へ」に、葛飾北斎≪冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏≫、歌川広重≪名所江戸百景・大はしあたけの夕立≫の二つの浮世絵作品が出品されることにちなみ、「なりきり日本美術館」から2つのコンテンツを選んで、「びじゅチューン!✕TADなりきり美術館」としてご紹介します。
①体感!ザパーン ドプーン北斎
 絵の中に入り込んで北斎のビックウエーブを体感しよう!巨大なスクリーンの映像で遊べるよ。
②雨は愛すがどう描く?
 もしも君が絵師だったら、どんな雨を降らせる?スタンプを使って浮世絵体験。


【関連イベント】
 びじゅチューン!ライブin富山
 開催日 2019年9月23日(月・祝) 第1回目/開演11時〜 第2回目/開演14時〜
 『びじゅチューン!』を手がける井上涼氏による、歌とトークのライブステージです。参加は全て往復ハガキでの事前申し込み制(応募多数の場合抽選)。詳細は、7月中旬(予定)以降、当館ウエブサイトでご確認ください。8月13日募集締切、8月26日結果発送予定。☆子供も大人も参加できます。




▲ ページトップへ