おすすめ情報 一覧 ▶

とやま室内楽フェスティバル2019 ミュージアムコンサート
とやま室内楽フェスティバル2019 ミュージアムコンサート
2019年10月24日(木) 〜2019年10月24日(木)
とやま室内楽フェスティバルは、若手室内演奏家を育成し、その成果を富山県の音楽芸術の振興に活かす、国内でも特色ある音楽祭です。
富山県美術館では、集中ワークショップを受けた受講生たちによるコンサートを開催します。
【出 演】
  クァルテット・インテグラ(弦楽四重奏)
  [ゲスト]練木繁夫(ピアノ)
【プログラム】
  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番ヘ長調 作品135より
  ブラームス:ピアノ五重奏曲ヘ短調 作品34より 第1楽章 ほか
アートマルシェ開催のお知らせ
アートマルシェ開催のお知らせ
2019年11月2日(土) 〜2019年11月3日(日)
アートマルシェは、環水公園内のプロムナードで開催される
市場のこと。
アートワゴン(木製のオリジナルワゴン)やテント等が
たくさん出店し、ワークショップやミニイベントが開催されます。

【11月2日(土)】
〇トレジャーマップ ~隠された謎をとけ~
 富山県美術館&公園内に隠された謎。全部とくことが出来るかな?!

 時 間:10:30~/14:30~
 参加費:500円(1グループ)
 定 員:各回30グループ程度

〇フリーマーケット
 出展料:1,000円


【 11月3日(日)】(台風の影響で10月13日(日)より変更)
〇ワークショップ「あっちこっちどっち-サインでつたえる-」
 いろんな形のプラカード型のサインをつくるワークショップです。
 新しいサインを作ってみましょう!

 講 師:原田佑馬(UMA/design farm)
 時 間:13:00~/14:00~/15:00~/16:00~
 参加費:無料
tricolor[トリコロール] in  富山県美術館
tricolor[トリコロール] in  富山県美術館
2019年11月10日(日)
富山県美術館で気軽に生の音楽をお楽しみいただけるミュージアムコンサート。今回は日本のアイリッシュ・ミュージック・シーンを牽引するバンド「トリコロール」が登場です。

どこか懐かしくて暖かい音色。自然と体が動き出すリズム。
緑で囲まれた小さな島国アイルランドの日常から生まれた音楽を是非お楽しみください。
アートワゴン出店のお知らせ
アートワゴン出店のお知らせ
2019年11月2日(土) 〜2019年11月17日(日)
富岩運河環水公園プロムナード周辺にアートワゴンが出店します。
ハンドメイド雑貨やおもちゃの販売など、お気に入りのアイテムを
見つけてみませんか。

アートワゴンの出店予定日
11月2日(土)、3日(日)、16日(土)、17日(日)

※11月2日(土)は、アートマルシェ。
 ワークショップやミニイベントも開催されます。

堤剛&仲道郁代スペシャルコンサート 関連事業 ミュージアムコンサート
堤剛&仲道郁代スペシャルコンサート 関連事業 ミュージアムコンサート
2019年12月14日(土) 〜2019年12月14日(土)
堤剛&仲道郁代スペシャルコンサートの関連事業として、
前日に富山県美術館でミュージアムコンサートを開催します。

【出演】 堤 剛(チェロ)、仲道郁代(ピアノ)
瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019 詩人と画家の 出会い 交流 創造
瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019 詩人と画家の 出会い 交流 創造
2019年11月1日(金) 〜2019年12月25日(水)
 瀧口修造(1903-1979)は、戦前から戦後にかけて美術評論の分野でも活躍した、富山県出身の詩人です。多くの美術家たちと親交を結んだ瀧口は、中でも加納光於(1933年生まれ)とは、30歳の年の差ながら四半世紀にわたる創造的な交流を持ったことが知られています。
 加納光於は、1950年代から独創的な版画作品により国内外で高く評価されてきた、戦後を代表する美術家の一人です。常に新しい挑戦を続けてきた加納は、80年代以降には色彩溢れる絵画作品に力を注ぎますが、瀧口亡き後も、その眼差しを意識し続けてきたと言います。
 本展では、初期から近年までの加納の代表的な作品を紹介するとともに、瀧口と加納の共同制作作品や、交流を示す資料を合わせて展示し、強く共鳴しあった二人の精神と創造に光を当てます。
▲ ページトップへ