おすすめ情報

絵本読み聞かせ会(2月定例会)
絵本読み聞かせ会(2月定例会)
2024年2月25日(日)
 毎月(第4日曜日 午前11:00~)、館内の「親子スペース」にて定期開催をしている、未就学児向けの『絵本読み聞かせ』です。
  2月のテーマは『ずいずいずっころばし』
 春の足音が近づいてもまだまだ寒いこの時期、お家でたのしめる昔ながらの遊びがいっぱいの絵本をご紹介します。
 読み聞かせのあとは、いろんな昔あそびが大集合!みんなでにぎやかにたのしみましょう♪

 参加無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください!
【開催中】没後50年 コスモポリタン 翁久允-OKINA Kyuin-脱日本人!展
【開催中】没後50年 コスモポリタン 翁久允-OKINA Kyuin-脱日本人!展
2023年12月16日(土) ~2024年3月4日(月)
望遠鏡で世界を観察し、顕微鏡で祖国を掘りさげて観察しよう (「わが一生 印度飛行機」より)

 翁久允(おきな・きゅういん 1888〜1973)は、現在の富山県立山町出身の小説家・ジャーナリストです。1907年、19歳でアメリカへ渡り約18年を過ごしました。帰国して『週刊朝日』の編集に携わり、作家としても小説や随筆を発表し、多くの文壇人と交遊しました。1931年、画家の竹久夢二とともに再び渡米、1933年にはインドに旅して詩人・タゴールを訪ねます。両国での経験は、小説『悪の日影』、評論集『宇宙人(コスモポリタン)は語る』、『今日の印度』などに記されています。1936年、富山で郷土文化誌『高志人』を創刊、生涯を通じて刊行を続けました。

 本展では、このたび受贈する約9,000点の翁久允旧蔵資料を中心に、明治末期から大正期にアメリカに暮らし、インドを歩き、移民社会や文明の相克を目の当たりにした経験をもとに、世界的な視野をもって郷土の歴史と文化を知ることの重要性を伝え続け、共有する場をつくり、多くの人とともに歩み続けた翁久允の仕事を紹介します。

 あわせて、翁久允の著作をもとに新作された室井滋と長谷川義史による絵本『キューちゃんの日記』(北日本新聞社刊)の原画を展示します。翁久允の魅力がつまった展示をぜひお楽しみください。
【参加者募集】親子で一緒に楽しむArt&Tone(アートトトーン)
【参加者募集】親子で一緒に楽しむArt&Tone(アートトトーン)
2024年3月10日(日)
県内で活動する『Art&Tone(アートトトーン)』さん出演の、親子で楽しむ未就学児向けイベントです。
絵本の読み聞かせや詩の朗読、歌やバルーンアートなど、五感で楽しめる催しがいっぱい♪
かわいいアートなお土産もご用意しています!

Art&Tone(アートトトーン)とは…
芸術と音楽を用いて子どもたちにいろんな楽しい時間を提供したいと集まったメンバーです。

心がホッと休まる芸術(アート)、音楽(トーン)、ことば(ものがたり)をお届けします。

楽しい癒しのひと時を、ぜひ一緒に過ごしましょう!

お申込をお待ちしています!
▲ ページトップへ