おすすめ情報

企画展スケジュール変更のお知らせ
2020年5月30日(土) 〜2020年7月4日(土)
国内における新型コロナウイルス感染症の発生状況により、本年度開催を予定しておりました企画展について、下記のとおりスケジュールを変更します。何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。



① 企画展「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力-発見、探求、そして発信へ」

 【会 期】

 変更前:令和2年4月11日(土)~6月22日(月)

 変更後:令和2年4月11日(土)~7月5日(日)



② 企画展「国際アンデルセン賞受賞記念展 角野栄子の魔女」

 【内 容】

 童話から児童文学、自伝的小説まで様々な作品を生み出してきた角野栄子は、ユーモアを巧みに織り交ぜた作風が支持され、2018年、「小さなノーベル賞」とも呼ばれる「国際アンデルセン賞」を日本人3人目として受賞しました。80歳を超えてなお創作意欲は盛んで、作品は子どもだけでなく幅広い世代から親しまれています。

 本展では、主人公キキが様々な人々との出会いにより成長する中で微妙に揺れ動く心情を鮮やかに映し出した代表作「魔女の宅急便」や、現在までに42作を数える人気作「小さなおばけ」シリーズを中心に、角野の豊かな想像力とユーモアに支えられた多彩な作品群を紹介します。

 【会 期】

 変更前:令和2年7月5日(日)~9月7日(月)

 変更後:令和2年7月26日(日)~9月13日(日) 


※ なお、6月17日(水)、18日(木)の二日間は、常設展の展示替えのため
  常設展示室の観覧を停止させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが
  ご了承くださいますようお願い申し上げます。
【開催中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
【開催中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
2020年4月11日(土) 〜2020年7月5日(日)
ラフカディオ・ハーンは、40歳になる明治23年に初めて来日し、亡くなるまでの14年間に、紀行文、随想、文化論、民間伝承や古典に基づく再話文学など、日本に関する数々の著作を残しました。
本展では、自身の体験に基づく日本文化論、日本の物語をもとにした文学作品、日本の学生たちに語った文学論等を通じて、開かれた精神をもつハーンの、共感力豊かな文学の世界を探ります。
高志の国文学館 開館<再開>のお知らせ
高志の国文学館 開館<再開>のお知らせ
2020年5月11日(月) 〜2020年7月5日(日)
5月11日(月)より新型コロナウイルス感染防止策を講じたうえで、開館いたします。


感染症拡大防止の観点から、ご来館の際には下記をご一読のうえ、ご協力をお願いいたします。


●マスクの着用、咳エチケット(ハンカチやティッシュによる咳の飛散防止等)へのご協力をお願いいたします。

●他のお客様と2m以上の間隔を空けてご観覧いただきますようお願いいたします。

●発熱や咳、風邪症状がみられる方は、ご来館をお控えください。

☆ 館内の各出入口等に消毒用アルコールを設置しております。ぜひご利用ください。

☆ 展示室内が混み合わないよう、時間を空けて入場していただく場合があります。

☆ ドアノブなど手が触れる箇所については、特に感染のリスクが伝えられております。除菌剤による消毒清掃を実施していますが、ご注意ください。


★ タッチパネル式の展示装置については、感染防止のため一部を停止しております。

★ 親子スペース、新聞・雑誌コーナー、カフェコーナー、富山の水試飲コーナーについては、感染防止のため休止しています。


また、館内では、係員の指示に従っていただく場合がございますので、どうぞよろしくお願いいたします。



※なお、併設フレンチ料理店「ブラッスリー・エ・サロン・ド・テ・シェ・ヨシ」については、テイクアウトメニューを中心に営業しています。ご来店の際は電話にてご確認ください。(TEL:076-431-0533)
▲ ページトップへ