おすすめ情報

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症に関する対応について
2020年2月2日(日) 〜2020年5月31日(日)
高志の国文学館では、新型コロナウイルス感染症について、富山県など関係諸機関から最新情報の収集に努めるとともに、感染予防、拡散防止に細心の注意を払い、以下の対策を講じております。

・出入口に消毒用アルコールを設置しています。
・ドアノブなど手が触れる箇所については、除菌剤による清掃を実施しています。

☆ご来館の皆様におかれましては、以下の点についてご協力をお願いいたします。

・発熱、咳などの風邪症状があるお客様は、ご来館前に医療機関等にご相談ください。
・こまめな手洗いにご協力ください。(全館トイレに備え置きの液状せっけんをご利用ください。)
・咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュ、上着の内側や袖などで口と鼻を覆う『咳エチケット』にご協力ください。


また館内スタッフにおきましては、来館されるお客様への感染防止を最優先に考え、必要に応じてマスクを着用し案内させていただく場合がありますので、予めご了承ください。

ウイルス感染予防・拡散防止のため、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。
【前売券発売中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
【前売券発売中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
2020年4月11日(土) 〜2020年6月22日(月)
ラフカディオ・ハーンは、40歳になる明治23年に初めて来日し、亡くなるまでの14年間に、紀行文、随想、文化論、民間伝承や古典に基づく再話文学など、日本に関する数々の著作を残しました。
本展では、自身の体験に基づく日本文化論、日本の物語をもとにした文学作品、日本の学生たちに語った文学論等を通じて、開かれた精神をもつハーンの、共感力豊かな文学の世界を探ります。
▲ ページトップへ