おすすめ情報
一覧▶

後期特別企画展  戦国武将と立山
後期特別企画展 戦国武将と立山
2020年10月3日(土) 〜2020年11月15日(日)
令和2年度後期特別企画展「戦国武将と立山」
いざ、戦国の世の「立山」へ! 
乱世を生き抜いた人びとの知られざるヒストリー

戦国時代は、群雄が国々に割拠し、ときには領地や生産物を収奪するための激しい戦闘が繰り広げられる時代でした。戦闘下においては、領内の村民も軍事動員され、犠牲を強いられることになります。それに加えて、地震や洪水などの自然災害も多発し、飢饉や疫病で苦しめられるなど、生きること自体が困難な時代であったといえるでしょう。
永禄年間の終わり、芦峅村・本宮村の百姓は、池田城主・寺嶋職定とともに上杉勢と戦います。秀吉は、佐々成政を討伐するため越中へ出陣した際、立山山麓の宗教的勢力を警戒しました。加賀前田家は、祈願所として芦峅寺・岩峅寺の宗教施設を造営・修復するかたわら、その勢力を支配するための方策に力点を置きます。
本企画展は、戦国武将が「立山」を支配した時代をとりあげ、立山山麓の人びとが戦乱の世をいかにして生き抜いたのかを紹介します。

会期    令和2年10月3日(土)~11月15日(日)
開館時間  9:30~17:00(入館は16:30まで)
会 場   展示館1階 企画展示室
観覧料   一般200円、大学生100円 ※高校生以下は無料
▲ ページトップへ