おすすめ情報

高志の国文学館 開館<再開>のお知らせ
高志の国文学館 開館<再開>のお知らせ
2020年5月11日(月) 〜2020年5月31日(日)
5月11日(月)より新型コロナウイルス感染防止策を講じたうえで、開館いたします。


感染症拡大防止の観点から、ご来館の際には下記をご一読のうえ、ご協力をお願いいたします。


●マスクの着用、咳エチケット(ハンカチやティッシュによる咳の飛散防止等)へのご協力をお願いいたします。

●他のお客様と2m以上の間隔を空けてご観覧いただきますようお願いいたします。

●発熱や咳、風邪症状がみられる方は、ご来館をお控えください。

☆ 館内の各出入口等に消毒用アルコールを設置しております。ぜひご利用ください。

☆ 展示室内が混み合わないよう、時間を空けて入場していただく場合があります。

☆ ドアノブなど手が触れる箇所については、特に感染のリスクが伝えられております。除菌剤による消毒清掃を実施していますが、ご注意ください。


★ タッチパネル式の展示装置については、感染防止のため一部を停止しております。

★ 親子スペース、新聞・雑誌コーナー、カフェコーナー、富山の水試飲コーナーについては、感染防止のため休止しています。


また、館内では、係員の指示に従っていただく場合がございますので、どうぞよろしくお願いいたします。



※なお、併設フレンチ料理店「ブラッスリー・エ・サロン・ド・テ・シェ・ヨシ」については、テイクアウトメニューを中心に営業しています。ご来店の際は電話にてご確認ください。(TEL:076-431-0533)
【開催中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
【開催中】「生誕170 年 ラフカディオ・ハーンの共感力―発見、探求、そして発信へ」
2020年4月11日(土) 〜2020年6月22日(月)
ラフカディオ・ハーンは、40歳になる明治23年に初めて来日し、亡くなるまでの14年間に、紀行文、随想、文化論、民間伝承や古典に基づく再話文学など、日本に関する数々の著作を残しました。
本展では、自身の体験に基づく日本文化論、日本の物語をもとにした文学作品、日本の学生たちに語った文学論等を通じて、開かれた精神をもつハーンの、共感力豊かな文学の世界を探ります。
▲ ページトップへ