おすすめ情報

Live in ORBIS 2022 Vol. 151 田楽笛っておもしろい!
Live in ORBIS 2022 Vol. 151 田楽笛っておもしろい!
2022年10月19日(水)
一噌 幸弘(田楽笛、他) 重要無形文化財総合指定保持者/国立能楽堂講師前任

安土桃山時代より続く能楽一噌流笛方として能楽古典の第一線で活躍する一方、 篠笛、 自ら
考案した田楽笛、 リコーダー、 角笛など和洋各種の笛のもつ可能性を広げるべく演奏 ・ 作曲
活動を行う。 1991 年より能楽、 自作曲、 クラシックの古典まで様々な楽曲をレパートリーに、
自身の新しい解釈によるコンサートを、 伝統的建造物やホールにおいて、 能楽古典や自作曲、
西洋クラシック、 ジャズ、 即興演奏を、 国内外の様々なアーティストやオーケストラと他に類を
みない和洋融合の音曲世界を創造している。
ソリストとして参加した 2011 年読売日本交響楽団との共演は第 24 回ミュージック ・ ペンクラ
ブ音楽賞クラシック部門コンサート ・ パフォーマンスに選ばれる。
日本文化藝術財団より第二回 「創造する伝統賞」 を受賞。
その研ぎ澄まされた一音が切り開く世界は日本の伝統音楽 ・ 西洋音楽など古今東西のジャンル
の壁を突き破り、 普遍的で可能性に満ちた豊かな表現として世界中から注目を集めている。


高木 潤一(フラメンコギター)

17 歳よりプロとしてクラブ、 ライブハウスなどで活躍する。
日本におけるアンダルシアンギター第一人者として活躍し、 ライブやレコーディングで、 使用し
ているほとんどがオーダーメイドで作製されたものです。
日本において最もヘヴィーなアンダルシアンギターユーザーとして、知られています。
1986 年渡米、 名ピアニスト、バリー・ハリスに師事する傍らロン・カーター、 マル ・ ウォルドロン等とセッションを重ねる。 帰国後はフラメンコギターを坂中浩治氏に師事する一方で、ジャズ、クラッシック、世界中の民族音楽のエッセンスを盛り込んだ、 ギター、ヴァイオリン他の編成によるMASARA(マサラ)を結成、東京を中心として日本各地のライブハウス、イベント等でライブ活動を展開中。


芳垣 安洋(ドラムス、パーカッション)

関西のジャズエリアでキャリアをスタートさせ、’90 年代に上京。以降「渋さ知らズ」「大友良英 Ground Zero」「ROVO」「菊地成孔 DCPRG」などのジャズ~アヴァン・ポップを牽引したバンドに参加。渋谷 毅、山下洋輔、坂田明、板橋文夫、梅津和時、一噌幸弘 カルメン・マキ、 UA、 ROLLY、柳原陽一郎、スガダイロー、John Zorn、Bill Laswellなど様々なミュージシャンと共演。
現在「大友良英 ONJQ」「アルタード・ステイツ」などのメンバーとして活動する他「Orquesta Libre 」「Orquesta Nudge! Nudge!」他多くのグループを主宰。
文学座などの演劇、TV や映画の音楽制作、打楽器によるアンサンブルのワークショップなども行っている。
欧米のジャズや現代音楽のフェスティバルへの出演も多く、即興音楽家としての評価も高い。
令和4年度舞台芸術・芸能-発見ライブ新規会員受付のご案内
令和4年度舞台芸術・芸能-発見ライブ新規会員受付のご案内
2022年4月1日(金) 〜2023年3月31日(金)
ステージから客席後方までわずか10メートル。
『ステージ』と『客席』が一体となる小劇場空間…だからおもしろい!

【公演ラインナップ】

6月10日(金)18:45~ 終了しました
 Vol.149 アイランド・ジャズっておもしろい!
  出演:西藤ヒロノブTRIO

7月13日(水)18:45~ 終了しました
 Vol.150 言葉と音楽の出会いっておもしろい!
  出演:紺野美沙子、MiMi

10月19日(水)18:45~
 Vol.151 田楽笛っておもしろい!
  出演:一噌幸弘

11月29日(火)
 Vol.152 ラトビア音楽っておもしろい!
  出演:ウズマニーブ

令和5年1月25日(水)
 Vol.152 フルートの世界っておもしろい!
  出演:多久潤一朗

令和5年3月8日(水)
 Vol.153 講談っておもしろい!
  出演:日向ひまわり

▲ ページトップへ