ホーム > おすすめ情報 > 墨画×革命 戦後日本画の新たな地平

おすすめ情報

一覧を見る

墨画×革命 戦後日本画の新たな地平

アート

 「日本画」という言葉は近代以降に生まれたものです。近世(幕末)までの日本の絵画でこれにあたる言葉は「やまと絵(和画)」で、意外なようですが、いわゆる水墨画は、その対義語の「唐絵(漢画)」と認識されつつ、より公的な性格を帯びていました。その双方を継承した近代日本画は、明治以降の近代国家にふさわしく、西洋美術を吸収した新たな伝統主義美術(西洋美術の直移植でもなく伝統美術の守旧的な復興でもない)を模索します。
 そして墨と膠による東洋画の一員である事実を忘れたような顔をして成立した「国民的絵画」としての日本画像は、第二次世界大戦の敗戦後“日本画滅亡論”に見られるように大きく揺らぎました。それはまさに危機的状況でしたが、国家主義の退潮したこの時代にあえて「墨」の表現の可能性を模索することは、近代のさまざまな制約から解放された表現の地平を拓く、革命的なパラダイムシフトだったのです。
 本展では、戦後に制作された墨画的表現を概観し、戦後日本画の中での墨画の性格、水墨画の伝統の受容/変容の状況を、さまざまなアプローチを見せた画家たちの群像により紹介します。

前期:11月15日(金)~12月8日(日)
後期:12月10日(火)~1月13日(月・休)

催事名
墨画×革命 戦後日本画の新たな地平
開催日
2019年11月15日(金) 〜2020年1月13日(月)
開催時間
午前9時30分~午後6時(入室は午後5時30分まで)
入場方法
【観覧料】一般900(700)円 大学生450(350)円 前売一般700円
     ※( )内は20人以上の団体料金です。
     ※この料金で常設展も観覧できます。
     ※小・中・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障がい者手帳をお持ちの方は観覧無料です。

【前売券取扱所】富山県水墨美術館、富山県美術館、アーツナビ(富山県民会館、富山県教育文化会館、富山県高岡文化ホール、新川文化ホール)
        ※前売券の販売は、11月14日(木)までです。

【会期中の休館日】月曜日(1月13日を除く)、年始年末(12月29日~1月3日)

【会場】富山県水墨美術館 展示室1・2

【開館時間】午前9時30分~午後6時 入室は5時30分まで

会場
富山県水墨美術館 展示室1・2
主催者
富山県水墨美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送
問い合わせ先
076ー431-3719(富山県水墨美術館)
Arts-Navi取扱
友の会特典
▲ ページトップへ