おすすめ情報 一覧 ▶

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展
東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展
2021年9月18日(土) ~ 2021年11月7日(日)
国民的日本画家 東山魁夷が10年もの歳月を費やして完成させた祈りの美の世界

東山魁夷(1908-1999)は、静謐で澄み切った叙情性を湛えた風景がで知られる日本画家です。
戦後の日本画壇で高く評価され、その作品は今なお根強い人気を誇ります。
数々の名作を残した東山が、10年もの歳月を費やして完成させた記念碑的大作が、律宗の総本山、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画です。
御影堂は唐招提寺を創建した唐の高僧・鑑真和上の尊像を安置するため昭和39(1964)年に建立されました。
その障壁画と尊像を納める厨子の制作を受託した東山は、日本の自然と鑑真和上の故郷である中国の風景を、5室の障壁画、全68面に描きました。
本展では、通常非公開となっているこの障壁画を北陸で初めて公開します。
部分的に御影堂を再現して障壁画を展示するほか、日本と中国の各地を歩いて描き留めたスケッチもあわせて展示し、東山魁夷が鑑真和上に捧げた祈りの美の世界を紹介します。
トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
2021年11月20日(土) ~ 2022年1月16日(日)
本展は、横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館の3つの公立美術館の「トライアローグ」(3者による話し合い・鼎談)により、それぞれのコレクションを組み合わせて20世紀西洋美術の歴史を振り返る展覧会です。
ピカソ、クレー、ミロ、エルンスト、ダリ、マグリット、ポロック、ベーコン、リヒターなど20世紀美術史を彩った巨匠たちの作品を厳選し、絵画を中心に約120点をご紹介します。3館のコレクションが語らうように織りなす、充実の展示をご堪能ください。

本展の見どころ
3館イチオシ!珠玉のコレクションでたどる20世紀西洋美術
1980-90年代の開館以来、20世紀の西洋美術の充実したコレクションを築いてきた3館イチオシ作品が大集結。30年区切りの全3章で20世紀美術の流れをたどりながら、3館が誇る名品の数々をお楽しみください。

3館ともに所蔵するアーティストの作品にフォーカス!
3館のクレーがミロがデルヴォーが、ウォーホルが勢揃い!3館共通で所蔵するアーティストの作品に焦点を当てる「Artist in Focus」など、3館共同企画ならではの視点で作品の魅力をお伝えします。




MUSEUM CONCERT 2021 『ホルン&トロンボーン&ピアノ』
MUSEUM CONCERT 2021 『ホルン&トロンボーン&ピアノ』
2022年1月31日(月)
【出演者】
 中川賢一(ピアノ)
 廣瀬大悟(トロンボーン)
 安田健太(ホルン)
▲ ページトップへ