ホーム > イベント情報 > 「新発見!立山の仏さま―芦峅寺に残る大日如来坐像―」

イベント情報

「新発見!立山の仏さま―芦峅寺に残る大日如来坐像―」

「新発見!立山の仏さま―芦峅寺に残る大日如来坐像―」
アート

立山信仰と関わる「大日如来坐像」が芦峅寺の民家で発見されました。顔立ちや内部の構造、着衣の表現から、平安末期以降に京都で最大勢力の仏師集団だった院派が、南北朝時代中期に制作したものと推測できる像です。院派の作品の中でも造形的な出来栄えが良く、美術史的にも貴重な史料と考えられる、この「大日如来坐像」をゴールデンウィークの期間限定で初公開いたします。
ぜひ、この機会に立山博物館へご来館ください。

展示関連イベント
◆展示解説会を開催
●開催日:[1回目]4月28日(日) [2回目]5月5日(日・祝)
●時間:両日とも14時~ 40分程度
●講師:加藤基樹(立山博物館学芸課主任[学芸員])
※4月13日(土)から開催中の、春の立山曼荼羅特別公開展「立山曼荼羅と芦峅寺長官」の展示解説も合わせて行います。
●集合:立山博物館展示館2階 展示ケース前に時間までに集合 
※常設展示観覧料が必要

催事名
「新発見!立山の仏さま―芦峅寺に残る大日如来坐像―」
開催日
2019年4月27日(土) 〜2019年5月6日(月)
開催時間
9:30~17:00 (16:30まで入場)
入場方法
観覧料:常設展示観覧料 一般300円
※大学生以下と70歳以上の方は無料。
※5月6日(月・祝)は「県民ふるさとの日」にかかる無料開放日です。一般の方も観覧無料となります。
会場
富山県[立山博物館]展示館 常設展示室2階(一部)
主催者
富山県[立山博物館] 
問い合わせ先
076-481-1216(富山県〔立山博物館〕)
Arts-Navi取扱
友の会特典
▲ ページトップへ