おすすめ情報 一覧 ▶

START★みんなのミュージアム2019
START★みんなのミュージアム2019
2019年1月19日(土) 〜2019年2月24日(日)
学校(School)×富山(Toyama)×アート(ART)=”START”。富山県美術館で、学校の児童生徒のみなさんが主役の展覧会が「スタート」します。今回は、美術家の山口百子さんに参加してもらい、「水の、かたち」をテーマに、富山県内の小・中・高・特別支援学校から集まった個性あふれる作品を展示します。会期中には、山口さんが企画した楽しいワークショップ(完成作品は展覧会会場に展示予定)など、アートを体感できるしかけをたくさん用意しています。初春の富山県美術館に、みんな集まれ!
Everlyミュージアムコンサート
Everlyミュージアムコンサート
2019年3月30日(土)
松尾賛之・悟郎兄弟が中心となり結成され、音の「楽しみ」を追求し、伝えることをモットーとし、エンターテイメント性の高いコンサートを全国各地で開催しているEverlyによるミュージアムコンサート。
幅広い年齢層に気軽に楽しんでいただけるプログラムをお届けします。
この機会にご家族・お友達と是非ご来館ください。お待ちしております。

<演奏予定曲目>
リベルタンゴ/ルパン三世のテーマ/テキーラ/さくら(森山直太朗)/僕らの未来へ(Everly)/ディズニーメドレー
楽器体験、リズムコーナーなど参加型 etc・・・
 ※曲目は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
わたしはどこにいる?道標をめぐるアートとデザイン
わたしはどこにいる?道標をめぐるアートとデザイン
2019年3月9日(土) 〜2019年5月19日(日)
「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムといったさまざまなサインが存在しています。一方で、「人生の道標(みちしるべ)」という表現があるように、場所やそこに至る道程は、人間の生き方とも分かちがたく結びついています。
本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせてご紹介します。7名による出品作品と関連資料を通して、人間がどのように場所や空間を理解し、伝えようとしてきたのか、そしてその中でめぐらされる「わたしはどこにいる?」という問いに、「アート」と「デザイン」の双方から迫ります。
会期中には、美術館の外から館内各所に”出張”してきたサインを、マップを手に探して楽しむことができます。また、本展の会場構成・サイン計画は、富山県美術館のサイン計画を手がけた色部義昭氏が担当します。館内全体でサインと出会い、体感する機会となることでしょう。

▲ ページトップへ