おすすめ情報

Vol.118 津軽三味線×タブラっておもしろい!
Vol.118 津軽三味線×タブラっておもしろい!
2017年3月10日(金)
 世界で活躍するトップアーティストで、津軽三味線奏者の佐藤通弘とインドの古典楽器:タブラ奏者の吉見征樹による異色のコラボレーション。
 津軽三昧線のスタンダードからオリジナル曲まで、スリリングに響鳴し合う音色の応酬に魂の響きを感じるライブ。
〈佐藤通弘>
 1982、83年と全国津軽三味線競技会でA級優勝し、その後、サックス奏者・坂田明、前衛音楽家・ジョン・ゾーン、フォークシンガー・三上寛といった異ジャンルのアーティストたちと精力的なコラボレートをみせる。国内外で年間80本以上のステージをこなしながら、津軽三味線の可能性を拡大している。
〈吉見征樹>
 1887年インドのムンバイにてタブラの大御所ウスタッド・アラ・ラカ・カーン氏と、その息子ウスタッド・ザキール・フセイン氏に師事。あらゆる音楽家やアーディストと数多く共演。
▲ ページトップへ