おすすめ情報

富山県美術館開館記念展Part1 生命と美の物語 LIFE-楽園をもとめて
富山県美術館開館記念展Part1 生命と美の物語 LIFE-楽園をもとめて
2017年8月26日(土) 〜2017年11月5日(日)
古来より現在まで、多くの作品が「生命=LIFE」をテーマに生み出されてきました。古今東西の芸術家たちがこのテーマに関心を持ち、作品を通してその本質を明らかにしようとしてきたのは、それが私たち人間にとってもっとも身近で切実なものであったからにほかなりません。
本展は、富山県美術館(TAD)の開館記念展の第一弾として、アートの根源的なテーマである「LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえ、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミティヴ」「自然」の8つの章により構成し、国内外の美術館コレクションの優品を中心とした約170点を紹介するものです。ルノワールなどの印象派から、クリムト、シーレなどのウィーン世紀末美術、ピカソ、シャガールなどの20世紀のモダンアート、青木繁、下村観山などの日本近代絵画、折元立身、三沢厚彦などの現代アートまで、生命と美の深い関わりについて考察し、この富山県美術館でしか体験できない、新たなアートとの出会いを創出します。
富山県美術館開館記念展Part 2 素材と対話するアートとデザイン
富山県美術館開館記念展Part 2 素材と対話するアートとデザイン
2017年11月16日(木) 〜2018年1月8日(月)
併設開催:国際北陸工芸サミット「ワールド工芸100選」展(主催:富山県)

アーティストは創作の過程において、目指す表現や技術を発揮できるよう素材を選んできました。また、デザインのプロセスにおいても素材の選択は重要な要素であり、素材の選択には耐久性、適応性、コストが問われ、素材と加工技術の組み合わせで新しい価値が生まれます。モノを創作することにおいて素材と向き合い対話することは不可欠なものです。
本展では、木や金属から新素材まで、素材とその変容をテーマとした4つのセクョンを通して、素材の魅力と素材に触発されて生まれるアートとデザインを紹介します。アルミ、木材、ガラスなど素材の魅力を生かした建築である、この富山県美術館で、素材との対話を通じたアートとデザインとの出会いを創出します。
この企画展とともに、国際北陸工芸サミット「ワールド工芸100選」展を併設開催します。
▲ ページトップへ